空亡で出会った 忘れられない 1991年8月4日生まれ 8月14日 女 巳年 B型 1963年10月9日生まれの運勢

恋が終わったときのブルーな気持ちと未練はどれだけ励まされても、今失恋でもがいている本人に言わせれば、「それが何になるんだ!ツラいもんはしょうがないんだから今は心の整理がつくわけがない!」といったところでしょうが、いつまでもだらだらと引きづられるわけではありません。重いダメージを受けると、その心の傷跡が良くなるまでに時間が必要です。しかしほとんどの場合、辛い気持ちに耐えられずどうにか心の傷から逃れる手はないかと、さまざまな愚かしい行動に出てしまいます。例えば「わんわん泣きつづける」こと。泣くほどに心の傷を和らげるある種の特効薬になりますので、そうすることで痛みや苦しみに立ち向かいやり過ごすことが、重要です。破局してから元気になるまでに「お休みが必要」ということも、結局は自分でメソッドを学んで打ち勝つのに必要なプロセスなのです。それでも、酔い潰れたり、無責任な人間と関係を持ってやり過ごそうとするのは、決してそのまま処理しようとする言動ではありません。無感動になったり、一時的に別の人と付き合って抜け出そうとすることは自分を守ろうとする自然な反応ではありますが、その後に「消えたくなる」ような気持ちを生み出すだけで、未来志向ではないのです。それでもなお、自分の殻に閉じこもって人との関係を止めてしまうのも、消極的です。自分の気持ちをコントロールしなくても、自分をサポートしてくれる相手を見つけたり、スケジュールを埋めるといった振る舞いは正しい対応です。一人で頭を抱えてもいつの間にか元気になる強さがある人は、それでも大丈夫です。しかしそれほど自分の内面を打ち明ける場合でもない人も大勢いるものです。その場合、専門家のカウンセリングやや空亡で出会った 忘れられない 1991年8月4日生まれ 8月14日 女 巳年 B型 1963年10月9日生まれの運勢を依頼することが、乗り越えるのに効果があります。
文明以前からずっと集団生活をしてきますた。グループにならなければ生き抜けなかったのです。村八部にされること、それはすなわち一生の終わりに等しいことでした。個体として孤独になることを恐れるような考えを一族を後世に残すために身につけていたのかそうではなく集団生活の中で学習して、それがメモリーとして遺伝子単位で記憶しているのかは分かりません。それにも関わらず、孤独は死そのものであり、一人で過ごすことは生死に関わる問題であることは明確だったのでしょう。村八分という処置が日本の村落に存在しましたが、ある程度重い罰でした。けれども、命を取るようなことは実行しませんでした。死罪に近い刑罰ではあっても、命までは取らない、といった程度の対処だったのでしょう。現代では孤立していても生死活動には問題ありません。とはいえ、はねつけられたりすることへの不安だけは誰もが持っています。恋の終わりは他人から拒否されることなので、それから「死んだ方がいい」と打ち明けるほどブルーが入ってしまい、気持ちを切り替えるにはある程度時間がかかります。これは自然な反応で、自分で抑制できるものではないのです。失恋のダメージがひどくてしばらく身心を喪失してしまうのは、自然な反応です。ロマンスの終わりにどう向かい合うのか、自分の心を守ろうとする働きに関しても思いを巡らしましょう。相応しい行動とそうでないことの違いに目を向けましょう。

Similar Posts:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ